おすすめ書籍

現代化学2018年8月号

オウム死刑囚・中川智正氏の寄稿を掲載。
クアラルンプールで起こった金正男氏殺害事件で、猛毒VXを素手で扱った実行犯はなぜ無事だったのか。その理由を独自に分析。
7月18日発売 

★直接注文はコチラへ→ info@tkd-pbl.com

 
 
サリン事件

中川智正死刑囚との4回の面会で直接得られた裏側の情報を盛り込みながら,警察による捜査,医療関係者による救助と治療,教団による兵器開発の実態に科学の側面から光を当てる.2014年刊行

立ち読みする
 
 
研究者として生きるとはどういうことか(科学のとびら63)

研究者として生きることはたやすいことではない。研究費、ポスト、研究テーマなど、研究者を取巻く厳しい現実を赤裸々に伝え、そこで生き抜くための具体的アドバイスを述べる。月刊誌「現代化学」の人気連載をまとめた一冊。研究者を目指す若者は必読の一冊です!
6月初旬発売・予約受付中。

立ち読みする
 
 
ブラディ・ジェスパーセン一般化学 上

「ブラディ一般化学」の原著第7版の翻訳本。今もファンの多い現行の第4版(販売継続)とは構成が大きく変わり、より時代に即した一般化学のテキストになっている。

立ち読みする
 
 
クライン有機化学(上)

米国で人気の教科書の翻訳版が登場。とにかく有機化学の「具体的な問題を解くスキル」を確実に習得したい人にお薦め。

立ち読みする
 
 
ヴォート基礎生化学 第5版

定評あるヴォート生化学をコンパクトにまとめ、基礎概念を確実に把握できるよう配慮された教科書の最新版。クライオ電子顕微鏡、ゲノム編集や非翻訳RNAなど、近年の技術の進展をカバー。問題数は大幅に増えた。
※問題の全解答は東京化学同人のHP上で公開中。

立ち読みする
 
 
スチュワート微分積分学Ⅰ(原著第8版)

「微積分学の世界的なバイブル」の日本語版、ついに刊行。

立ち読みする
 
 
ノーベル賞の真実

最近公開されたノーベル賞の選考記録文書をもとに,ワトソン・クリックによるDNAらせん構造の発見をはじめとする1960年代の代表的な生理学・医学賞,化学賞の選考過程の裏側を綿密に描く.好評発売中。

立ち読みする
 
 
有機化学命名法

複雑な化合物の命名法に迷ったとき、この本があれば安心。ラボに一冊あると大変役立つ命名法の決定版。

立ち読みする
 
 
シュライバー・アトキンス無機化学 (上) 第6版

無機化学の標準的教育に最適なテキストの最新改訂版.従来の構成を維持しつつも,教育的配慮がより強くなっている.この版から判型が大きくなり,図表などの視覚的表示も改良された。

立ち読みする
 
 
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
 
 
 
RSS

新刊情報