ホーム > 物理学入門Ⅰ(第2版)(大学生のための基礎シリーズ4)

物理学入門Ⅰ(第2版)(大学生のための基礎シリーズ4)

力学

目次

主要目次:序論/運動の記述/運動のベクトル表示および相対性/力学の基礎法則/運動方程式を解く/いろいろな力/エネルギーⅠ:1質点の1次元運動/同Ⅱ:1質点の3次元運動/角運動量とトルク/惑星の運動/動いている座標系における運動方程式/質点系の保存量/剛体:運動方程式と釣り合い/剛体の運動/振動Ⅰ:単振動と減衰振動/同Ⅱ:強制振動/問題の解答

このページのトップへ

内容説明

著者のことばから:近年,高等学校で物理を学ばずに理学系の専門を目指す人たちが増加している.この本は,そのような人たちが大学レベルの基礎科目として物理学を学ぶときの教科書,参考書として書かれている.広い意味での理科系分野を学ぶ人たちに物理学の基礎知識,基礎的概念を伝え,自然科学的な考え方を身につけてもらうことが本書の目的である.改訂にあたって本書の章立ては全く変えなかった.ただ,本書を講義に使った経験から,随所で説明や式の展開を詳しくし,複合的,総合的と欲張った例題は狙いの明確な問題に差し替えた.

このページのトップへ