ホーム > 基礎からの化学工学

基礎からの化学工学

目次

主要目次:序論:化学工学と収支論/移動現象の基礎/反応速度論の基礎/均相系反応の解析と設計/多相系反応の解析と設計/分離剤を用いる分離精製/相変化を用いる分離精製/速度差分離/装置内の流れ/化学プロセスの収支解析/問題解答

このページのトップへ

内容説明

著者のことばから:本書は,初学者が化学工学の全体像を把握した上で,化学工学独自の考え方,そして,その考え方が装置やプロセスの設計理論にどのように応用されているのかについて学習できるように構成している.内容は基礎だけに留まらず,基礎理論がどのように応用設計に展開されるのかまで記述した.対象としている読者は,化学工学・工業化学・応用化学系の学部学生,学部で化学工学分野の授業を受講していなかった化学系の大学院生,企業の化学技術者である.本書が,化学工学の教科書・参考書として役立つことを願っている.


正誤表はこちら→

 

このページのトップへ