ホーム > 物理系薬学 IV 演習編 (スタンダード薬学シリーズ2)

物理系薬学 IV 演習編 (スタンダード薬学シリーズ2)

物理系薬学 IV 演習編 (スタンダード薬学シリーズ2)

コアカリ,CBT,OSCE,長期実習,新国試対応万全!

著者 日本薬学会
勝 孝
金澤 秀子
須田 晃治
中垣 良一
本間 浩 編集
ジャンル 薬学・医学 > 薬学一般
シリーズ スタンダード薬学シリーズ
出版年月日 2008/05/07
ISBN 9784807914715
判型・ページ数 B5・292ページ
定価 本体4,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

主要目次:
第I部 物質の物理的性質
第II部 化学物質の分析
第III部 生体分子・化学物質の構造決定
第IV部 解答および解説
付録:基礎数学

このページのトップへ

内容説明

編者のことばから: “薬学教育モデル・コアカリキュラム”には三つの物理系薬学のユニット(講義単位)が用意されていますが、標準的な学習の範囲と深さは、本シリーズ第2巻の3冊の教科書、すなわち、I. 物質の物理的性質、II. 化学物質の分析、III. 生体分子・化学物質の構造決定、に著されています。本演習編はこれらのユニットに対する問題編とその解答・解説から構成され、第I分冊、第II分冊のすべてのSBO(到達目標)と、第III分冊の第3章までのSBOについての問題を収載しています。 本書はこのような物理系薬学の要請に応え、学生の主体的で効率のよい学習の手助けとなるよう、SBOごとに問題を基本問題、例題、練習問題に区分し、各章末には演習問題を用意しました。また、教科書を参照せずに演習書単独でも利用できるよう配慮しています。 これらの問題にはすべて解答編にていねいな解答例と解説を付けています。

このページのトップへ