ホーム > 生物活性天然物の合成(現代化学増刊36)

生物活性天然物の合成(現代化学増刊36)

複雑な構造をいかにして構築するか

目次

主要目次:第Ⅰ部 骨格構築法(オキシム誘導体を用いるアミノ化合物合成法/ポリ環状エーテル類の合成法/ケイ素-炭素結合形成反応/立体選択的なポリオール類の合成法/ロジウム(Ⅱ)錯体触媒を用いる不斉C-H挿入反応) 
第Ⅱ部 天然物の合成(タキサンジテルペノイド:炭素骨格構築法の開発と不斉全合成/植物生産にかかわる有用生物活性天然物の合成/生理活性物質の全合成と開発/フレデリカマイシンAの全合成/フラキノシン類の全合成/エンジイン化合物の合成/タキソールの不斉全合成)

このページのトップへ

内容説明

高次構造天然有機化合物の合成における戦略と合成法,とくに骨格構築法の設計を中心に,第一線研究者が具体的方法とその考え方を述べる。

このページのトップへ