ホーム > ボディープランと器官形成(現代化学増刊39)

ボディープランと器官形成(現代化学増刊39)

内容説明

全体が2部からなり、「Ⅰ.ボディープラン」では、生殖細胞形成から変態までを扱い、ボディーの原型の成立機構について述べられる。ここでは、生殖細胞形成/中胚葉と神経形成/神経冠細胞分化/消化管形成/胚芽形成/変態の項目について、そこにおける生物の現象を新しい分子生物学的知見を交えて述べている。 「Ⅱ.組織と器官形成」では、筋肉/骨組織/肝臓/心臓/腎臓/膵臓/血液幹細胞/血管/脳と脊髄/眼/耳/皮膚など、ボディーを構成する各組織や器官がどのようにしてできるのか、また、それぞれの器官がどのように維持され、機能しているかなどの特色について、最新の情報をもとにまとめてある。これらの中には新しい分野として大きくクローズアップされてきた幹細胞や再生科学の側面も含まれている。

このページのトップへ