ホーム > 細胞工学の基礎

目次

1章 個体と細胞
1・1 生命の最小構成単位としての細胞
1・2 単細胞と多細胞
1・3 細胞の構造と機能
1・4 細胞の培養
1・5 細胞のもつ遺伝情報と機能発現
1・6 細胞工学に用いられる技術

2章 微生物工学
2・1 微生物とはどんな生き物か
2・2 微生物による物質生産の基本原理
2・3 代謝制御の基礎
2・4 代謝工学の基本
2・5 発酵生産の例示
2・6 スケールアップの考え方の基本
2・7 微生物による環境浄化の基礎
2・8 グリーンケミストリーの可能性
2・9 社会微生物学の基礎

3章 植物工学
3・1 形質転換法
3・2 分化全能性とその応用
3・3 ストレス耐性、耐病・耐虫性植物の原理とその実際
3・4 植物ゲノムプロジェクトと植物工学の展望
3・5 人類の未来を支える植物工学

4章 動物工学
4・1 動物細胞の特性
4・2 動物細胞の利用
4・3 個体の形成と遺伝子の改変
4・4 再生医療

このページのトップへ

内容説明

微生物, 植物, 動物に広がるバイオテクノロジーの現状を細胞の視点から, それぞれの細胞の取扱いの特徴, 細胞工学的技術, 応用例と課題などを中心にやさしく解説した専門学校生, 大学1, 2年生向き入門書.

このページのトップへ