ホーム > 現代化学2008年3月号

現代化学2008年3月号

No.444

現代化学2008年3月号
ジャンル 月刊誌
出版年月日 2008/02/15
雑誌コード 0348703
判型・ページ数 A4変・80ページ
定価 本体762円+税
在庫 在庫僅少
 

内容説明

■特集:疲労の科学■
疲労とは?

-疲労の実態と研究としての取組み-
渡辺恭良
疲労の分子・神経メカニズム研究が進んでいる。ここでは、社会問題として、研究対象として、二つの視点で疲労をとらえる。

 

 

●「特集にあたって」で本特集全体をわかりやすく概観



疲れのメカニズムはどこまでわかったか?
田中雅彰
過労動物モデルを用いた研究により、急性疲労から過労・慢性疲労に至る道すじが解明されつつある。研究はどこまで進んでいるのだろうか。

疲れはどこで感じるのか?
-脳機能イメージングを用いた疲れの脳科学-
水野 敬
疲れは脳のどの部位で感じていて、その部位は疲れのほかにどのような感情と関連しているのか? 脳機能イメージングで脳の活動を探る。

慢性疲労症候群に陥るメカニズム
倉恒弘彦
「慢性疲労症候群」は比較的新しい疾患概念であり、「慢性疲労」とは区別して考えられている。慢性疲労症候群とはどのような病気なのだろうか。

疲労のバイオマーカー開発と抗疲労食薬の開発
梶本修身・野? 聡
疲労の定量化は、診断や抗疲労食薬の開発をする上で重要だ。現在、疲労を客観的に量るためのバイオマーカー開発が進められている。

■コラム■
「乳酸は疲労原因物質」は誤り!
田中雅彰

子供の慢性疲労と不登校・学習意欲低下
福田早苗

■解説■
高圧下の氷の分子模型をつくる
-水の構造を理解するために-
川本竜彦・高松尚久・黒岩健一

化学基礎講座
地球温暖化現象に学ぶ物理化学の基礎(3)
中田宗隆

■連載■
免疫のしくみをめぐって(11)
アレルギーとは何か
矢田純一

ナノ粒子を測るには?(最終回)
顕微鏡法による粒子測定
鈴木道隆

微生物世界への旅(11)
微生物に空気を与えて大量培養
竹園 恵

私のゲノム像(4)
メタゲノム解析
林 哲也

セキララかがく 昨日の新聞

FLASH

・真夜中の強い光で生物時計が止まる理由
・高分子のかごに入れたリポソーム
・細菌に生える繊毛の謎を解く
・会合分子の新しい設計戦略:エントロピーに注目する分子設計
・白内障を招くタンパク質分子のふるまい
・環で囲んで色素を“生かす”

あれ・これ

日本が埋蔵量世界一の元素とは?

かわらばん

・ダイヤモンドの電気伝導機構(出典:Science, 318,1424(2007))
・エチルカチオンの構造(出典:Angew. Chem. Int. Ed., 47, 395(2007))
・有毒ガスをイオン液体に閉じ込める(出典:J. Am. Chem. Soc., 130, 400(2008))
・マイクロ流体チップの超簡単作製法(出典:Lab Chips, 8, 170(2008))
・エネルギー密度の高いバイオ燃料(出典:Nature, 451, 86(2008))
・花が咲く植物の起源(出典:Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 49, 19363(2007))

やじうまかがく アデノイド

ピックアップ Books & Information

このページのトップへ