ホーム > 現代化学1999年11月号 No.344

現代化学1999年11月号 No.344

内容説明

目次
特集:ゲノムサイエンスの現状と将来
 FLASH
・ ニッケル錯体を用いた温度測定傾向プローブ
・ 薬物乱用の鎖を絶つ妙薬?
・ β-ペプチドが生理活性を示した
・ ユニークな触媒反応でエチレンをつくる
 化学かわらばん
・ 遺伝子操作でマウスの知能を高める
・ 軽くて長寿命の鉄(Ⅵ)電池
・ 温度により粘着度が変わる液晶ポリマー
・ 遺伝子工学で栄養強化されて黄金色に輝く米
・ 寝つきをよくするには手足を温かく
 ゲノム研究からゲノム科学へ 吉川 寛
 ヒトゲノム研究は何をもたらすのか -新しい医学,  医療,そしてヒトの生物学- 榊 佳之
 第二期に入った微生物ゲノム解析 小笠原直毅
 線虫ゲノム研究のこれから 小原雄治
 植物ゲノム研究の現状と展望 田畑哲之
 バイオインフォマティクス -ゲノム解析データと生化学、分子生物学の知識を結ぶー 五斗 進・金久 實
 英語論文の書き方:サバイバル編(11) 能動態 と受動態,人称の使い方(1) Robert M.Lewis Nancy L.Whitby
 やじうまかがく クモ 関崎正夫
 あれ・これ 変革のなかにある「弁理士」という仕事
 大学院の化学の入学試験問題 東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻

このページのトップへ