ホーム > 生物系薬学 Ⅰ(スタンダード薬学シリーズⅡ-4)

生物系薬学 Ⅰ(スタンダード薬学シリーズⅡ-4)

生命現象の基礎

目次

主要目次:Ⅰ.細胞の構造と機能(細胞膜/細胞小器官/細胞骨格) Ⅱ.生命現象を担う分子(脂質/糖質/アミノ酸/タンパク質/ヌクレオチドと核酸/ビタミン/微量元素/生体分子の定性,定量)Ⅲ.生命活動を担うタンパク質(タンパク質の構造と機能/タンパク質の成熟と分解/酵素/酵素以外のタンパク質)
Ⅳ.生命情報を担う遺伝子(概論/遺伝情報を担う分子/遺伝子の複製/転写・翻訳の過程と調節/遺伝子の変異・修復/組換えDNA) Ⅴ.生体エネルギーと生命活動を支える代謝系(概論/ATPの産生と糖質代謝/脂質代謝/飢餓状態と飽食状態/その他の代謝系) Ⅵ.細胞間コミュニケーションと細胞内情報伝達(概論/細胞内情報伝達/細胞間コミュニケーション) Ⅶ.細胞の分裂と死(細胞分裂/細胞死/がん細胞)

このページのトップへ

内容説明

編者のことばから: 本書は薬学教育,薬剤師教育を念頭に置いた生化学の教科書として用いうるように編集された.本書の構成は,生化学を体系的に修得できるように組まれている.学生が生物系薬学への興味や親しみをもてるように,随所に“コラム”を導入した.SBOの内容を復習するための例題や,理解度を確かめるために各部の最後に付けた演習を,学習に活用していただきたい.

 正誤表はこちら→第1刷、 第2刷

このページのトップへ