ホーム > 疾病の成り立ち(新スタンダード栄養・食物シリーズ4)

疾病の成り立ち(新スタンダード栄養・食物シリーズ4)

目次

主要目次:Ⅰ.総論(老化/先天性形成異常/炎症・創傷治癒/変性,壊死・アポトーシス・萎縮・肥大/腫瘍/個体の死/病状と病態の診断/臨床検査/治療の方法/末期患者の治療/EBM(根拠に基づく医療)Ⅱ.臓器別の病気と治療(栄養障害/代謝疾患/消化器系の疾患/循環器系の疾患/腎・尿路系の疾患/内分泌系の疾患/精神・神経系の疾患/呼吸器系の疾患/運動器(骨格筋)系の疾患/生殖系の疾患/血液系の疾患)Ⅲ.免疫と生体防御(免疫・アレルギー疾患/感染と生体防御)

このページのトップへ

内容説明

編者のことばから:本巻に収めた内容は,臨床の現場においては主として医師の関与する分野であるが,栄養士,管理栄養士にとっても必要不可欠な知識である.それぞれの専門の諸先生にご執筆をお願いし,専門家の立場から医療に携わる栄養士,管理栄養士が知っていなければならないことを要領よくまとめていただいた.管理栄養士国家試験出題基準を意識して構成されているので,国家試験の受験生にとっても役立つものとなっている.

このページのトップへ