ホーム > 食品微生物学(新スタンダード栄養・食物シリーズ16)

食品微生物学(新スタンダード栄養・食物シリーズ16)

目次

主要目次:微生物学の歴史/微生物の取扱い法/微生物の種類と分類/微生物の構造/微生物の栄養と増殖/微生物の代謝/微生物の遺伝現象とその応用/微生物の増殖制御と殺菌/抗生物質の作用機作/醸造食品/食品の素材生産と微生物/グリーンバイオテクノロジー/口腔細菌や腸内細菌と健康/食品の腐敗と微生物/微生物による食性病害/付録:増殖や殺菌の数学的取扱い

このページのトップへ

内容説明

編者のことばから:微生物学分野の多くの教科書は,応用微生物学と病原微生物学のどちらかを取扱っています.そのため食品と微生物の関係の全体像を学ぼうと思うと,両者を読まなければならなくなります.本書はこの欠点を解消することを意図して書きました.そのため,前半で微生物学の共通事項をまとめ,後半で食品微生物の功罪両面を取扱いました.本書を通読すれば,微生物一般のことがわかるとともに,食生活にいかに微生物が関係しているかということが実感できるようになっています.

このページのトップへ