ホーム > 公衆栄養学(新スタンダード栄養・食物シリーズ14)

公衆栄養学(新スタンダード栄養・食物シリーズ14)

目次

主要目次:公衆栄養の概念/健康・栄養問題の現状と課題/栄養政策/栄養疫学/公衆栄養マネジメント/公衆栄養プログラムの展開/付録〔健康日本21(第二次)/関連法規(栄養士法,食品表示法,地域保健法,健康増進法,母子保健法,介護保険法,食育基本法,学校給食法ほか)/避難所における食事提供〕

このページのトップへ

内容説明

編者のことばから:公衆栄養学は,日本人などの集団や地域における栄養摂取と食生活の実情とそれに起因する健康上の課題を多角的に捉え,問題点があればその原因を突き止め,解決方策を提示する学問です.本書は,公衆栄養学に関わる問題を多面的に捉えるとともに,科学的な理解が得やすい形で内容が体系的に構成されています.将来,職業人として健康増進分野に密接に接する栄養士・管理栄養士養成課程の学生をはじめ,管理栄養士国家試験受験をめざしている方々の教科書・参考書であるとともに,家政学,生活科学,農学,医療関係の各養成課程に在籍する学生の皆様にも活用していただければ幸いです.

 

正誤表はこちら→

このページのトップへ