ホーム > カープ 分子細胞生物学 (第7版)

カープ 分子細胞生物学 (第7版)

目次

主要目次:分子細胞生物学の基礎/生命の化学的基盤/生体エネルギー論,酵素,代謝/細胞膜の構造と機能/好気的呼吸とミトコンドリア/光合成と葉緑体/細胞とその環境との相互作用/細胞質内膜系:構造,機能,膜輸送/細胞骨格と細胞運動/遺伝子とゲノムの本体/遺伝子の発現:転写から翻訳まで/遺伝子発現の調節/DNAの複製と修復/細胞の増殖/細胞シグナリングとシグナル伝達:細胞間の情報伝達/がん/免疫応答/分子細胞生物学における技術

このページのトップへ

内容説明

大学2,3年生を対象に行う講義に適した入門教科書. 総ページ数を700ページ程度に抑えつつ,分子細胞生物学の基本的な概念を詳しく説明している. 複雑な分子細胞学的過程を視覚化する助けとなるよう,図版を多用するとともに,扱う内容は学生の理解の範囲を越えたり学習意欲をそいだりしないよう配慮されている. ヒトの疾患はまず例外なく, 細胞および分子レベルでの機能の喪失にも起因することがよく理解できるよう,臨床的応用に関連する話題を取上げると同時に,その背景となった基礎研究もしっかり記述している.

原著名:Cell and Molecular Biology Concepts and Experiments 7/e
原出版社名:John Wiley & Sons, Inc.

 ←箱見本

このページのトップへ