ホーム > 薬毒物試験法と注解2017

薬毒物試験法と注解2017 新刊

薬毒物試験法と注解2017
立ち読み

薬毒物試験に関わる機関で必携の準公定書

著者 日本薬学会
吉田 武美  
井上 博之  
角田 紀子  
成松 鎭雄  
山田 英之 編集担当
ジャンル 薬学・医学
出版年月日 2017/05/15
ISBN 9784807909223
判型・ページ数 B5・480ページ
定価 本体9,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

主要目次:
I 総論
I-1 薬毒物中毒概論
I-2 臨床薬毒物分析
I-3 免疫測定法
I-4 薬毒物中毒の救急処置
I-5 法中毒薬毒物分析
I-6 危険ドラッグの流通と健康危害

II 各論
II-1 有害性ガス試験法
II-2 シアン化物・アジ化物試験法
II-3 有機溶剤試験法
II-4 麻薬試験法
II-5 大麻試験法
II-6 覚せい剤試験法
II-7 亜硝酸エステル試験法
II-8 向精神薬試験法
II-9 麻酔薬試験法
II-10 解熱鎮痛薬試験法
II-11 筋弛緩薬試験法
II-12 生活改善薬試験法
II-13 農薬試験法
II-14 天然毒試験法
II-15 化学兵器用剤試験法
II-16 ヒ素・水銀化合物試験法
II-17 生活用品試験法

III. 主要薬毒物データ集
付録・試薬一覧

このページのトップへ

内容説明

薬毒物試験に関わる機関で必携の準公定書

新たな薬毒物の出現,分析技術の発展をふまえ10年ぶりに増補改訂.

◆薬毒物の毒性,分析および対処法を収載した「薬毒物試験法と注解2006」を全面改訂.
◆各関連機関の必携書,薬学系大学生・大学院生の参考書としても有用.
◆危険ドラッグをはじめ,麻薬,覚せい剤,向精神薬,農薬などの新規薬物を大幅に追加.
◆選択的・高感度な分析技術の進歩をふまえた新規試験法(LC/MS,LC/MS/MS)によるスペクトルデータを拡充.
◆身近にある薬物による中毒や異物混入事案にも章を増やして対応.

 

このページのトップへ