ホーム > 続 狂気の科学

続 狂気の科学 新刊

真面目な科学者たちの奇態な実験

目次

目次:
1654年 ビール樽の空間
1747年 船上の殺人犯
1752年 稲妻のひらめき
1758年 「荒れ狂う大波」対策にオリーブオイル
1874年 死体へ一撃
1875年 悪魔のような装置
1881年 追い風を受けた光
1887年 しっぽを切られたネズミ
1888年 人道的な処刑
1911年 コカ・コーラ四〇樽の事例
1926年 キンダーサプライズ
1927年 退屈な実験
1928年 つけ合わせは結構です
1932年 不平等な双生児
1932年 結婚宣誓時の血圧
1932年 くすぐるⅠ―お面着用厳守
1933年 増えるシロップの謎
1935年 愚か者から天才をつくる
1936年 水面の傾き
1936年 コートの値段が九・九九ドルの理由
1938年 嫌われたダニエラ人
1951年 とりあえず付和雷同
1954年 世界最速ブレーキ
1954年 イーグルス対ラトラーズ
1958年 見えないものが見えるようになる
1960年 四枚カード問題
1960年 瞳孔研究者とピンナップガール
1960年 湯船の中の宇宙飛行士
1962年 暗やみでの体内時計
1964年 なぜ誰も助けない?
1964年 デビル対ベルゼブブ
1964年 ランディ・ガードナーは眠らない
1965年 コミュニケーションの道化師
1966年 梱包の芸術家
1967年 機能しないうそ発見器が機能するとき
1968年 マシュマロが二個、そして待て
1968年 黄色い角をもつヌー
1970年 くすぐるⅡ―実験前に足を洗ってください
1972年 早い者が勝つ
1972年 地下鉄内の臆病者
1977年 アフリカ女性の完璧な足取り
1979年 飲み屋の人形
1980年 待ち行列の割込み方
1986年 シンクロする生理
1986年 鳥肌の立つ音
1987年 シロクマのことは考えないで
1987年 やせるのに適した男性
1988年 アスリートが黒い色を見ると
1989年 ラスプーチンの好感度を上げる方法
1991年 オクトーバーフェストでの科学
1991年 温室内でのサバイバル
1992年 少年は生まれつきおもちゃの自動車が大好き
1992年 クジラの死体を沈める方法
1992年 コスタリカの奇跡
1992年 端数の経済学
1993年 交換された和平計画
1993年 死体農場
1994年 くすぐるⅢ―くすぐりロボット
1994年 法廷での物理学
1995年 まずテレビ、それから朝食
1996年 だらしなく座って腰痛対策?
1998年 ワイン通を煙に巻く
1999年 無能、その代わり自信満々
1999年 ホームアドバンテージの謎
2001年 メールと親類
2001年 精子の記憶力テスト
2001年 射精したらタブキーを押す
2002年 ハリウッド俳優がガソリンスタンド強盗だったら
2002年 ウェイトレスが客をまねるべき理由
2003年 サルが好む音楽は?
2003年 シロップの中を泳ぐ
2005年 芽を摘む
2006年 イヌⅠ―四つ足の役立たず
2006年 ステレオ嗅覚
2007年 イヌⅡ―非対称的なしっぽ振り
2008年 イヌⅢ―大あくび

このページのトップへ

内容説明

ドイツでベストセラーとなり世界7カ国で翻訳された“狂気の科学”の続編.著者の持ちネタは豊富であり,続編になっても不足する気配はない.論文からはけっしてうかがい知ることのできない実験の奇想天外な裏話,科学者たちのユニークなエピソード満載の知的冒険選集.

 

このページのトップへ