ホーム > 愛と分子

愛と分子 新刊

惹かれあう二人のケミストリー

愛と分子
著者 菊水 健史
ジャンル よみもの
出版年月日 2018/03/26
ISBN 9784807909308
判型・ページ数 B6・144ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

おもな内容:
異性への情熱も子を慈しむ心も同じ分子がつかさどる(ヒト)
見つめ合うと絆が生まれる(ヒトとイヌ)
雌は耳で,雄は目で恋をする(ウズラ)
娘は父似の恋歌を歌う雄を避ける(マウス)
男らしさ VS.父性愛(ヒト)
発光周期を同調させる雄(ホタル)
長い間寄り添っていた雄が選ばれる(メダカ) など

このページのトップへ

内容説明

異性はなぜ惹かれあうのか.絆を育む生物たちの魅力的な写真(25点)を前半部に掲載し,後半ではそれらを科学的に研究した興味深い結果をやさしく解説.生物が進化の過程で獲得してきた美しく洗練された愛と絆の分子メカニズムを紹介する.

このページのトップへ