ホーム > 演習で学ぶ有機化合物のスペクトル解析

演習で学ぶ有機化合物のスペクトル解析

目次

基礎編(質量分析法/赤外分光法/核磁気共鳴分光法.各章末に練習問題付) 実践編(構造解析へのアプローチ/演習問題)問題の解答

このページのトップへ

内容説明

著者のことばから本書では,大学・高専の高学年で有機化合物の機器分析を行うことが必要になった学生や,大学院で有機化学分野の研究に携わっている学生を対象とし,質量分析法,核磁気共鳴法,赤外分光法について,得られる情報を総合してその試料の構造を決定する訓練を積むことを目的としている.本書の問題は初めて見るときには難しく感じるかもしれないが,問題を基礎編と実践編に分け,やさしいものから順を追って配列してあるので,構造決定に慣れてくればくるほど問題の中のスペクトルからいろいろな情報をくみ取れるようになるはずである.取上げたすべてのスペクトルは,著者らが測定の対象化合物を決め,測定し,帰属を行い,解説を書き下ろしたものである.説明の文の中には,著者らのスペクトル解析の経験と知識が凝縮されていることがわかっていただけると自負している.

このページのトップへ