ホーム > 薬学と社会(第3版)(スタンダード薬学シリーズ9)

薬学と社会(第3版)(スタンダード薬学シリーズ9)

目次

主要目次:Ⅰ.薬剤師を取巻く法律と制度(医療の担い手としての使命/法律と制度/管理薬/放射性医薬品) Ⅱ.社会保障制度と薬剤経済(社会保障制度/医療保険/薬剤経済)Ⅲ.コミュニティーファーマシー(地域薬局の役割/医薬分業/薬局の業務運営/OTC薬・セルフメディケーション)

このページのトップへ

内容説明

編集委員のことばから薬学6年制最上学年の学生は,いよいよ社会とのかかわりが避けて通れない時期を迎えており,今後ますますそのかかわりは強くなっていく.本書は,今回3回目の改訂を行うこととした.これは,薬学が関連した社会の変化がそれだけ激しいことを意味している.第3版では,この間に医薬品販売制度の改正など薬事制度上の大きな変更が行われたこともあり,記述の大幅な改訂を行うとともに,記述の重複が避けられないような場合など必要に応じて複数のSBO(到達目標)をまとめて記述するなど,さらに使いやすく学びやすい教科書を目指した改訂を行った.

このページのトップへ