ホーム > 化合物命名法

化合物命名法

IUPAC勧告に準拠

目次

Ⅰ.総則
Ⅱ.無機化学命名法(元素名/無機化学命名法の基本原理と文法/イオンと原子団/酸とその誘導体/配位化合物,有機金属化合物/付加化合物/固体/ホウ素化合物/おもなイオンと原子団の名称)
Ⅲ.有機化学命名法(炭化水素/基本複素環系/特性基)
Ⅳ.高分子命名法(ホモポリマー/コポリマー/非線状高分子と高分子集合体および略語)
付録(多環化合物の命名/指示水素と付加水素/Chemical Absutracts索引名とIUPAC名/置換基の基名表/化学で使われる量・単位・記号)

このページのトップへ

内容説明

編者のことばから:正しい命名法の普及・啓発を意図して19711月に日本化学会化合物命名法小委員会は「化合物命名法」と題する本を発行した.この本の表紙が橙色だったため,「オレンジブック」と愛称され,化学を学ぶ学生,科学教育に携わる人々,化学の研究者,さらには化学産業の現場の技術者をはじめ広範な化学分野の関係者に使われてきた.発行から40年の間に補訂を重ねて,現在は補訂7版に達している.それでもIUPAC勧告を必ずしもその都度取入れてきたわけではなく,根本的に手を入れた方が良いと思われる点も出てきた.そこで,従来のオレンジブックに大幅に手を加えた本書を企画した.本書は命名法に関する網羅的・羅列的な書物を目指しているわけではなく,命名法の基本を手軽に分かりやすく知って,活用していただくことを目的としている.手元に置いて便利に使っていただきたい.このため本書には化学で用いる量・単位・記号についても簡単な記述を収載した.

 

 

正誤表(1)→

正誤表(2)→

このページのトップへ