ホーム > 基礎分子物理化学

基礎分子物理化学

目次

主要目次:基本的な考え方と例(原子のエネルギーと熱容量/分光学と量子化ほか)分配関数(分子分配関数/ボルツマン分布ほか)熱力学(状態関数/熱力学の法則ほか)応用(気体のエントロピー/化学平衡ほか)反応(分子の衝突/衝突理論ほか)

このページのトップへ

内容説明

訳者のことばから大学生のときに学んだ熱力学は無味乾燥なものに思えた.講義で熱力学を教える立場になっても,思うことは同じ,“なんとか熱力学を興味深く教えることはできないか”と考えていたときに本書に出会った.物質を巨視的にみたときの学問である“熱力学”と微視的にみた“原子分子の世界”をつなぐキーとなる学問は“統計力学”.それを説く書籍は,物理学専攻の学生向けの本格的なものは数多く出版されているが,化学専攻等の学生諸君が無理なく読み通せるものはそう多くはない.本書は後者に属し,その簡潔でわかりやすい記述に訳者は注目した.熱力学でお馴染の物理量(たとえばエントロピS)が原子や分子の特性を使って明快に表現され,自然に納得できる喜びが得られる.

 

原著名:MOLECULAR PHYSICAL CHEMISTRY:A Concise Introduction
原出版社名:The Royal Society of Chemistry

このページのトップへ